2009年11月25日水曜日

動きと静止

現代思想は動きの思想です。
近代思想が同一性、根源、不変なるものの存在が前提にあったとすれば、現代思想は動き、流転、変化の哲学です。
同一性概念を例にとって見ましょう。
同一性というのは同じもの、一つのものということです。
近代思想ではこれを変わらないものとして考えます。
一方現代思想では同一性に対して差延という概念が提出され、同一性概念との比較を行うことで近代的な意味での同一性という概念の性質をメタなレベルであぶり出し、不可分固定であり疑問を持つことも難しく健全な懐疑主義を向けることもできなかった同一性概念を解体や相対化してしまいました。
現代思想では人間の物事や対象に対する同一性生成の仕組みや構造を分析することができます。
この分析ツールの是非や可否や良否が問題なのではなく、このような形で疑問を持たれず、不分と考えられてきた概念が人間の中で生成の仕組みのモデルを提供したことが現代思想のすばらしさです。
このツールが正しいとか正しくないとかは別として(現代思想では正しいとかいう言葉を近代的な意味では使いません。そもそも日本語の正しいは多義語でそれゆえ議論の独立性が気づかず崩壊してしまうことが多い誤解の多い言葉です)、そのような見方考え方を導入したことが功績です。
モデルとしてはもっと別のモデルがいくつも考えられるかもしれませんが、つまり存在証明をしたこと、存在を示したことが大切です。
存在を示すことで世界が広がるからです。

それはともかくとして差延は流転変化を前提としています。
特殊な場合として静止している場合もあるかもしれませんが、より一般的には運動を前提としており、静止は運動の特殊な場合です。
違うものを反復と記憶によって(あと記号過程)によって、同一視する、同じであり一つのものであると先入観を持ち、固定してしまうこと、不変であると勘違いしてしまう点が、近代思想に対する現代思想の最大の批判点の一つです。

また別の点で動きを見ると、現代主義的複対立的対象把握では精神を動かし続けることが大切です。
メモリーの制約という見方もできますが制約ではなく制約という言い方は何か本当のものを前提としているようにも聞こえるので、むしろすばらしい点かもしれません。

また別の点で動きを考えると、力の観点の導入をし精神医学を動きの面から、あるいは動かす力、力動、エス、欲望、エネルギー水準、いろいろな言い方をしますが、こういうものが不足すると精神衰弱なる状態になるというようなジャネという人の考え方があります。
エネルギー水準の低下は静止を生みいろいろな精神症状が現れる原因となることがあります。
統合失調症では概念や観念の固定が、近代主義的同一性への固着が統合失調症の発症の誘引となったり、難治化や遷延の原因になったり、主観的苦しみのもとになることがあります。
また普通の人々でも精神を動かして生きるか静止や近代的同一性固着的に生きるかによって生き方のモードが変わります。
動かしたくても動かない方向性が人にはあることがあり、そのような制約を開放して生きていくベクトルがドゥルージズムともいえます。

0 件のコメント:

コメントを投稿