2009年9月27日日曜日

ラカンのシェーマL

ラカンはシェーマLというモデルを考えました。
これは人間の認識についての新しいモデルであり、近代的な人間の認識についての考え方よりも多くのことを適切に説明することができます。
ということはよりよいものが出てきた以上、別に近代的な認識論にもはやこだわる必要はないということです。
ラカンの認識論は近代的な認識への考え方、経験的な認識に対する捉え方を持つ人にはやや理解しにくい面もあります。
人間の認識は知覚や経験や記憶や情動や状況などの関係性の中から生み出されるものであるということ、認識するのにイデア的なものは特に必要はないことが結論として導き出されます。
脳という言葉を使えば、人間の認識は外界からの知覚と脳の中にから発生したり蓄えられている情報を使ってそれらに強く修飾を受けつつ生成されるものであるというようなイメージです。
認識の対象が椅子とか石とかそういうものである場合にはあまり議論は深まらないのかもしれませんが、認識の対象が自己とか善悪とか理念とかいった抽象概念だった場合、それは重要な影響を及ぼします。
人間は自分が認識したものに対し確実感を感じ、確信を抱いたり、信念を抱いたり、真理や絶対ということを作り上げたり、存在の確からしさ、実在を主張したりします。
それらはラカンの見方の帰結として、脳が作り上げた勘違いであるという結論になるからです。
人間は自分が確からしさを感じたものを確実なものや真理を作り上げてしまうというのはニーチェの(あるいはドゥルーズのニーチェ理解による)基本的考え方です。

ラカンはエスという力についても語りました。
構造と力というのは現代思想では重要な問題です。

0 件のコメント:

コメントを投稿