2009年9月10日木曜日

現代思想の意味

現代思想は、近代哲学が確実であると考えたことが本当は確実ではないことを明らかにします。

さらになぜ人間は確実なものにこだわるのかにについて考えます。
結論は、人間の心は確実感を作り上げる仕組みがあること、欲求が確実なものを欲する場合があることを指摘します。

確実感を感じることと、それが本当に確実であることは本当は別の話なのですが、近代思想でははこれを一致させてしまいがちでした。
現代思想は確実感を感じたからといって確実であるとは限らないし、実際に確実である必要もないことを主張します。

分からないことは分からないと言えばいいのにそうはできず、分からないことを覆い隠すためのイデオロギーを作ってしまったのが近代の思想であると現代思想では考えました。
本当は分からないという大切な部分を見えなくしてしまったため、近代思想では自覚の欠乏や知らないことへの謙虚さが足りなくなる場合がしばしば起こります。

自覚はいろいろな意味で近代主義においても非常に大切な理念ですが、現代主義においてはさらに自覚を強く持つことを求めます。

0 件のコメント:

コメントを投稿