2009年9月10日木曜日

知の共有基盤としての現代主義

現代主義と近代主義にはある面から見れば本質的な断絶があります。
したがってそれぞれを基盤として体系を作る場合に違いが出てくる場合があります。
片方のみの考え方しか持たず、他方を理解していない場合には話が通じない場合があります。
というか、本質的には現代主義は近代主義の理解の下に成り立っている考え方であるため、近代主義のみを知り現代主義を知らない人は、現代主義を基盤として思考・行動している人のことを理解できません。
これは双方にとって良いことではないと思われるため、より多くの人が現代主義の考え方を理解することが好ましいと思います。
現代主義はより下位の構造物として近代主義を含むので、必要ならば近代主義の考え方を活用することができますし、近代主義では扱うことができなくても現代主義なら扱える問題もあります。
現代思想は近代思想をアプリケーションのように使えます。
現代思想はいろいろなシステムや体系や構造を使いこなすためのオペレーティングシステムのようなものであり、プラットフォームであり、個々の思想を使うための環境を整備します。

自然科学、社会科学、人文科学などの諸科学、社会思想、法の精神、理念などもそのベースとして現代主義を設定できますしされるべきですし現にされています。
されていない部門も現代化の方向に進んでいますし、進んでいくと思われます。
但し長い時間スパンでみてのことであって、反動はあるでしょうし、進化を止めて退化していくセクションについてはこの限りではありません。
しかし人類が進歩していくならば全体として現代主義化は進んでいくでしょうし、より早くより広範に広がるのが望ましいと考えられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿