2009年10月26日月曜日

ベルクソン的問題

現代思想を理解する上でポイントとなるのは、物理的な物質として認識されるものについてと観念的な生成物である抽象的概念や意味などについては、認識について考える際に分けて考えた方がいいと思われる点です。
前者は認識生成の際に知覚による面が強く、後者は必ずしもそうではないというか知覚できないようなものだからです。
また物と事の違いでもあります。
この2つをグラディエントに考えた哲学者がベルクソンで彼の見方は非常に有効に思えます。
彼はこの二つを弛緩と緊張、純粋近くと純粋持続の2つの極からなるスペクトラムとしてとらえました。
物質の極は知覚と反復に重点をおいているため、再現性が高いとみなされ、近代思想では客観的対象認識といわれ、確実性の有力な源泉とみなされていました。
精神、観念や概念などの抽象的認識物についてはもちろんその生成は知覚性の記憶によっている部分もありますが、むしろ想像による生成物です。
これらを明確に分けるのではなく、スペクトラムとみなします。
物については事よりも知覚可能と反復が容易で一致性と再現性が高いと思われたため、同一性形成を非常に行いやすいものであるため、認識生成物全体の中ではアンカーみたいにみなされる傾向があります。

彼の見方自体は後にポスト構造主義に引き継がれます。
フランスの知的エリートや日本の知的エリートにも影響を与えていると考えられるため、小林秀雄などの日本思想史における独自性などはベルクソンの影響などもあるのかもしれません。

ベルクソンのイマージュは結局認識生成機構についての論であって、それは後期の現代思想と同じ考え方でしょうが、ベルクソンと現代思想ではそれについての捉え方が逆のようです。
ベルクソンはそのように認識生成する機構を肯定的に生かそうとしているように感じられますが、現代思想ではネガティブというかそのように生成されたものに支配されたりだまされたりしなようにしようという観点から同じ問題を語っているようです。
おそらくこれは両者の間を隔たる歴史があったからだと考えられます。
第2次世界大戦や民族大虐殺や共産主義、その他大小の近代主義のサブディヴィジョンのイデオロギーから生まれた悲劇を経験した後にその反省に基いて生まれたのが現代主義だからと考えられます。

現代主義は前時代の近代主義の反省に立ってできたという後ろ向きの面もありますが、逆の面もあります。
現代主義は生産性の上昇による豊かさに親和性があり、テクノロジーの進歩によるグローバル化にも親近性があり(ITと現代思想はなぜか親和性が高い)、人類の知的水準の向上にも相性がよいように見えます。
現代社会自体が総じて現代主義と親和性が高いと思われます。

0 件のコメント:

コメントを投稿