2009年12月3日木曜日

はしご、科学の仮説と現代思想のモデル

科学と現代思想というものを同型群としてとらえてみます。
ある面からみるとこの見方が可能です。

①現代思想の意義というのは、近代思想と異なる上に近代思想よりもより強力にいろいろなものを説明できるモデルを提供したこと。
②そのことにより近代思想の側から見ると反例が提示されたことになるが、これは近代思想のレジティマシーを崩し、近代思想を批判するための強力なツールを提供したこと。

です。

科学における宗教は、現代思想における近代思想のようなものです。

科学によって神はオッカムのカミソリで切り捨てられてしまいました。
科学を使えば世界の説明原理としての神はあってもなくてもよいどうでもいいものになり、存在の必要がなくなってしまったからです。
どうように近代思想は現代思想によってオッカムのカミソリで切り捨てられてしまいました。
現代思想があれば近代思想の奉ずる真理というものはあってもなくてもどうでもいい特に必要のないものになり、結果真理の体系=形而上学すなわち近代思想は存在の必要がありません。

さらに科学は永遠に仮説しかない世界ですが、現代思想には永遠にモデルしかありません。
どちらも真理の体系という特権は永遠に剥奪されています。
どちらも真理という概念がない世界です。
どちらも自分が絶対に正しいと主張することは永遠にありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿